帝塚山学院大学人間科学部情報メディア学科

戸上 良弘

戸上 良弘

教授
情報処理、ネットワーキング、視聴覚技術

/*
松本 章

松本 章

教授
マルチメディア

吉川 康夫

吉川 康夫

教授
哲学

*/
高橋 参吉

高橋 参吉

教授
情報教育および情報化教育に関する研究

喜家村 奨

喜家村 奨

教授
ソフトウェア開発とネットワークテクノロジー

中野 秀男

中野 秀男

教授
情報ツール、情報システム、インターネット、情報セキュリティ

有馬 純寿

有馬 純寿

准教授
音楽文化・音楽制作研究

小松 久美子

小松 久美子

准教授
ソーシャルメディア

佐藤 安

佐藤 安

准教授
映像・動きのデザイン研究

小幡 信

小幡 信

准教授
コミュニケーションデザイン・広告表現


■ 10年後を先取りする新カリキュラム

インターネットの始まりから20年たった今の情報メディアの世界をみると先端技術として日々進化する情報メディアの部分とあらゆる産業に広がっている情報メディアの、2つの方向性があります。
情報メディア学科では、そのふたつの流れを見すえたカリキュラムを展開しています

10年後を先取りする新カリキュラム

■ 新カリキュラムの科目体系

科目構成の大きな特徴は情報ツールや情報コンテンツだけではない点です。基礎科目で入学時に苦手なものを補強し、情報倫理や情報セキュリティなど、全体を支える科目群を周辺科目で学習。企業とコラボするプロジェクト型インターンシップも上回生用に用意されています。
また、今後ますます重要になるソーシャルメディアの科目を充実。「ウェブデザイン」と「ソーシャルメディア」の動きは、ぜひ習得すべき分野です。

10年後を先取りする新カリキュラム

■ 4年間の学びのステップ

情報ツールや情報コンテンツの基礎を1回生から2回生にかけて満遍なく学び、2回生以降で得意の分野を複数作り、さらに3回生以降のゼミで自分の得意な分野で仕事の仕方(方法論)を学びます。

10年後を先取りする新カリキュラム